ページ

2012年10月31日水曜日

調べもの:Excel/VBAでシリアル通信


まさかと思っていたのですが、調べてみると結構やっている人がいるExcel/VBAでのシリアル通信。


組み込み系の開発をやっている会社のようで、機器とのシリアル通信をExcelから、という発想のようです。ここの  WindowsAPI講座 シリーズ、VBAからWin32APIを使いまくるというかなりマニアックなコレクションになっています。その中のシリアル通信編は以下の4ページ構成です。

NO.12 シリアル通信(1) - 必要なWindowAPI定義
NO.13 シリアル通信(2) - シリアルポートのオープンとクローズ
NO.14 シリアル通信(3) - シリアルポートの通信プロトコル、送受信バッファ、タイムアウト
NO.15 シリアル通信(4) - シリアルポートの送受信方法


こちらはMSCOMM32OCXを使ったシリアル通信のサンプル。そういえばすっかり忘れていましたが、昔はOCXによる拡張というのが色々出回っていました。まあ、そういう補助DLLを使えば、ということでちょっと毛色が違う例になります。


MSのフォーラムでの質問と回答。.NETベースでシリアル通信アプリを(別途)作って、Excel/VBAからI/Oリダイレクトでそれを使うというなかなかユニークな手法が紹介されています。この発想はなかったですよ。でもさくっと使うには手っ取り早くて良い方法ではあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿