ページ

2011年2月19日土曜日

拾い読み:フリーミアムが企業ITにも - 記者の眼


今回の記者の目は興味深いものでした。このメモもEvernote使って書いていますしね。基本は雑誌記事との連動ネタなのですが、いいポイントを押さえたネタになっています。フリーミアムが「“競争劣位”を防止する手段」というのは的確な指摘です。フリーミアムなサービスを使うことで最低限の競争レベルが、コストを掛けずに、維持できるのは有り難いところです。ただ、記事にも書かれていますが、そのサービスの継続性は常に気になるところです。で情報サービスのコモディティがフリーミアム化する中、どこで稼ぐかがといった話題が「フリー」に書かれているようで。結構話題になった本ですが、話題になりすぎたので読んでいませんでした。嫌っていないで読んでみますかね。


0 件のコメント:

コメントを投稿