ページ

2015年11月5日木曜日

闘病記 歩行器卒業


転院から五週間で歩行器から卒業し、杖は必要ですが、自律移動の許可が出ました。歩行器の時は病室のあるフロアー限定でしたが、やっと自由に病院内を歩き回ることができるようになりました。発病以来二ヶ月目にしてやっと手に入れた移動の自由です。

歩行器での移動許可が出た時もそうでしたが、自由に動けるとなるのは嬉しいものです。ただ、歩行器の自立移動許可時に歩き過ぎた前科がありますので、今回は最初から歩き過ぎに注意と釘を刺されました。そういうわけで控えながらも、朝起きて一歩き、御飯の後には腹ごなしで一歩き、リハビリの待ち時間に一歩き、と勝手に歩き回っています。

そうそう、杖歩行許可で病院の他のフロアーにも行けるようになりました。病院の一階フロアーには外来用の売店と自販機があります。今迄は看護師さん付き添いでしか行けなかった売店、自販機ですが、これからは自分だけで買いに行けます。リハビリでも手荷物持って病院内歩行練習、要は、売店自販機での買い物練習やっていますから、それを実際に使える時がやってきました。気持ち的にこれは嬉しいものです。

この売店ですが、入院生活で使いそうな雑貨類の他に、新聞雑誌、各種の飲み物、それにちょっとしたお菓子の類いを売っています。規模は小さいものの、そこそこの品揃です。ですが、私は相変わらずカロリー制限中の身でして、食物類は不可と釘刺されました。有難味も半減です。まあ聞いたところでは、糖尿病なんかで食事制限があるのに買い食いする患者が後を絶たないのだとか。心配する気持ちは解ります。個人的には、お茶が買えるようになっただけでも感激です。ただ、売店のお菓子の類いは目の毒です。

0 件のコメント:

コメントを投稿