ページ

2015年11月30日月曜日

闘病記 死神の速度


ウェブを拾い読みしていたら、物騒な記事に出会しました。普段なら笑ってお仕舞いの記事ですが、リハビリ入院中の身には他人事と言ってられない記事です。あたかも先日歩行速度を測ったところです。まあ私の歩行速度は取り敢えずは死神よりは速いようです。リハビリのお蔭です。

見た目年齢や歩く速度が寿命に影響!データで読み解く健康情報のウソホント 論文マニアの東大病院医師が解説|ニュース3面鏡|ダイヤモンド・オンライン

歩けない、動けない、体が弱る、あぼーん、という流れはよく聞くところです。でもそれが歩くスピードで決まってくる、とは初めて聞きました。確かにリハビリ病院で見ていると、リハビリの効きの良い人は歩く速度もそれなりに出ています。定性的には在ってもおかしくないネタです。

このネタ、リハビリの療法士の方に聞いたら初耳ですと。でもリハビリ的には、社会復帰の速度として1m/秒を目指すことになっているそうです。この速度は信号機なんかが想定している下限の速度だとか。日本の社会は死神よりは少々優しいようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿