ページ

2015年11月29日日曜日

闘病記 お茶ですかお湯ですか


退院予定日まで一週間をわりました。病院生活も残り僅かです。さて、今日も朝食後に食堂(横はナースステーション)にお茶を貰いに行ったのですが、その時に、「お茶ですか、お湯ですか?」と聞かれました。まあ、ティーバッグ入れてってお湯だけ貰うこともあれば、お茶を貰うこともあるので、ごく普通の問い合わせなのでしょうが、私のお笑いツボに嵌ってしまいました。

私的にはこのセリフは「湯屋番」の女将さんセリフでして、「三杯目にはそっとだし」とかを連想してしまうのでした。

意外とこのセリフは広まっていないのかなとググってみると、「お茶ですかお湯ですか」だと飲み物関係のアンケートとかが普通にヒットしていました。これだけなら一般に使われているって言うことですね。ところがそれにキーワード「若旦那」を付けたら検索結果は落語だらけに。ということで、「お茶ですかお湯ですか」には「若旦那」を混ぜてはいけない、ようでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿