ページ

2011年5月26日木曜日

新しくなったEvernote Google Chrome エクステンション


今日の夕方、いつものように見ていたWEBページをクリップしようとしたら、いつもとは違うポップアップが出てきて、おまけに下部にボタンらしきものが見えているもののテキストが出てきていないし、配置もカスケード風に変な表示になっています。これは一体何、と調べたら Chrome の evernote Web Clipper が更新されていたのですね。Chrome 再起動で表示は(今までとは全く違うものですが)ちゃんと読めるようになりました。

大きな変更点は、勝手にクリップの対象を自動的に選択するようになったところです。ですが、私の使い方としては、URLにコメントを付けてクリップ、というある種のブックマーク的な使い方をしていまして、記事全体をクリップすることはほぼ皆無です。このような使い方している身にとっては、新しいWEBクリッパー、あまり便利には思えないのですよ(というか余分な機能が付いて却って邪魔になった感じです)。多分多くの人にとっては便利な方向への進歩なんでしょうがね、残念ながら「すべての人にとって」の進歩は無理ですからね。今回は少々見捨てられた感じが漂っています。

せめてオプションでデフォルトの選択対象を指定が出来ればね(URLだけで充分なので)。まあ、今までの通例ならしばらくするとそういうオプションが追加されていそうですが。


追記:06-14: いつの間にかオプションが追加されていました。デフォルトアクション指定可能になっていました。

新UI、UIの変更はたいていの場合、特に以前のUIを使い慣れていると、最初の反応は「使いにくくなった」です。私も今のところは使いにくい感じがしますね。ただ、WEBクリップでどの程度テキストを書き込むかということを考えると、テキストエリアを最小限にしてポップアップを小さくしたのは悪い方向ではないと思います。ただですね、現状ではフロート表示されるヘルプというかガイドメッセージ(ちゃんとした正式名称があったと思いますが)が、IMEの候補ウィンドウと被ってしまってかなり見にくくなるのですよ。このあたりのIMEとの組み合わせ、evernoteの新リリースの度に問題になっている気がしますね。リリース前にIMEを使う日中韓あたりでの特別評価フェーズを持つべきじゃないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿