ページ

2011年3月30日水曜日

Windowsマシン管理:Windows Defender無効化

Windowsマシン管理:Windows Defender無効化

今日も今日とてMSASCui.exe (via svchost)がCPUを喰いまくってマシンがまともに動かなくなりました。そこで調べてみたら、今回は有効な情報にヒット。MSASCuiはWindows Defenderの定義ファイルの更新に関連したプロセスのようなんですが、他にちゃんとしたウィルス、スパイウェア検出プログラムを入れているのであれば、これはなくてもいいプロセスですので止めてしまいましょうと。

言われてみてば御尤もです。Windows Defender だけだと保護が足りないと言って文句をつけてきますので、他にちゃんとアンチウィルスソフト入れるわけですが、今時のアンチウィルスソフトにはスパイウェア検知もやってくれますからね。であれば、やたらと高負荷のWindows Defenderなんぞは邪魔なだけです。ということでここのガイドに従ってWindows Defender、止めてしまいました。

ただ、注意が一点。コントロールパネルからWindows Defender のアプレットを起動すると、こいつ、手動スキャンしてから制御パネルを表示するようです。このため、クリックしてから画面が出るまでにやたらと時間がかかること。どうもMSの人間には制御というものが解っていないようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿