ページ

2010年10月28日木曜日

evernote 4.0 prerelease

evernoteのWindows用クライアントの新版がリリースされたというマイコミジャーナルの記事をみて、evernoteサイトで確認してみました。

記事の方では新版としか書かれていませんでしたがevernoteサイトを見るとベータ版(prerelease)となっていました。ただ、現行の3.5版と一緒に使う事ができるとされていましたので、ベータテストのつもりで試してみることにしました。

デフォルト言語が英語になっていますが、これはオプションで日本語に変更可能で、変更すればメニュー等々は日本語表記に変わります。新しいUIはいいかんじです。以前よりも(デフォルトで)コンパクトになったかんじです。メモリCPU等の資源縮小とともに画面自体も縮小を図ったのでしょう。多くの場合、他のプログラムと併用されるべきものですから、画面がコンパクトになる(他のプログラムとの共存性が良くなる)は大切なポイントかと思います。

Windowsのアプリって、MSのものを筆頭に、画面を占拠するものが多いのですよね。複数アプリを使用することが多い人には迷惑なデザインです。新UIはこのあたりにも考慮しているのでしょう。いい具合です。

で、今のところ唯一の問題なんですが、ノートを書くときに、日本語変換がオンザスポットではなく左上に出てきてしまうのですが、どんなものなのでしょう?何かの設定なのか、アプリが未対応なのか?単純レベルの日本語化(リソースのみ)しかしていない所為かもしれません。

既にユーザフォーラムで上がっています。他の部分の出来がすばらしいだけに早急に解消されることを期待します。

0 件のコメント:

コメントを投稿