ページ

2015年11月27日金曜日

闘病記 My 杖


退院に備えてMy杖を買って貰いました。元々、というか大抵の人は杖には縁がないかと。私も杖を売っているところというとダイアゴン横丁のオリバンダーの杖店しか知りませんでした。ファンタジーの世界に買いに行く訳にも行かないし(でもUSJには実在するらしい)、あの店で扱っているのは歩行用の杖とは別物ですし。

という訳で入院中の私はカタログとアマゾンで、家族には売っていそうなところを見てきて貰いました。さすがはリハビリ病院でこういう福祉器具のカタログは揃っています。アマゾンでは「一本杖」で検索掛けると色々出てきました(まあ、ハリーの杖やらスネイプ先生の杖なんていうのもヒットしましたが)。

カタログでもアマゾンでも杖は一杯ありはするのですが、杖の模様が違っているばかりで、モノ的には意外と種類は少ないようでした。素材的にはアルミ合金、マグネシウム合金、カーボン、そして天然木、といったところですかね。でも素材が違っていても重量は大差ありません。なのにお値段はたっぷり差がついています。なら一番安いアルミ合金製で充分かなと。

おまけにカタログもアマゾンも通販の形になるのに、必要な情報、サイズの合わせ方とか耐荷重、が記載されていません。一般のお店だとホームセンターの類で扱っていましたが、選ぶ程の種類はありませんでしたしほぼ定価販売でした。

こういう状況でどこで買おうかと結構悩んだのですが、意外な盲点で病院の売店には杖が置いてあるんですね。基本リハビリで使っているものと同タイプ、おまけに見て確認できますし、種類というかバリアントも色々です。まあ、模様に関しては数種類しかないのですが。でも単色の杖については充分な品揃えです。

ということで結局ですが病院の売店でリハビリで使っている杖のスリムタイプ(細く軽量、耐荷重小)を購入しました。これで退院準備その1のMy杖が用意できました。退院までにはMy杖でたっぷり練習しておきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿