ページ

2015年11月9日月曜日

闘病記 喋る自動販売機


早朝、ロビーでコーヒーを一杯、と出かけたら、ロビーで自販機が「お釣りを受け取ってください」と言い続けていました。あとで聞いたところによれば夜のうちに故障して喋り続けているとのことでした。夜の間に故障したとあっては修理を呼ぶこともできませんので、「故障中」の紙だけ貼って喋るままにしていたのだそうです。

リハビリ専門病院だけに、後遺症で注意力が低下した人もいるわけで、喋って注意してくれる自販機は決して悪いものでは無いのですが、故障した時に止められないのは迷惑です。この手の喋る機械には故障した時の為に「黙ってろ」ボタンが要るんじゃないでしょうかね。メーカーさん、その時、対処を宜しくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿