ページ

2012年5月4日金曜日

拾い読み:英語は道具:銅メダル英語を目指せ



読み出したら面白くで追い掛けることになった連載。この連載では「話す」優先にしていますが、話す機会はそうないと思いますが、ネットのおかげで読み書きの機会には事欠きません。そういう意味では読み書き(なにせリアルタイム性不要)から始める方がいいと思いますがね。



いいこと言ってます。「いままで英語の上達法を説いてきた人達は皆な英語好きなので、苦手な人のことが判っていない」と。基本、この連載での目標は「銅メダル」、道具として使えれば充分、といった線を目指すようです。


読むのは別段苦にならない、のですが、言われてみれば分野限定です。コンピュータ&ネットワーク関連でしたら用語の大半が英語ベースですから読む分には全く苦労しないのですが、一般記事とかになると確かに知らない単語多いですね。以前に何かの勢いで英語のレシピ(料理の)見たことがありましたが、基本的な野菜以外の材料が何やら判りませんでした。この記事では自分のペースでできる「話す」が一番楽と言い切っています。「書く」も自分のペースで出来るし、(ネット時代には)機会として「書く」方が多そうなものですが。実際、国内居住では「話す」機会は皆無でしょう。


まあ、会話のネタがある、というのが一番大事なことかもしれませんね。大抵の人にとっては英語で伝えなければならないことがそもそも存在しませんので、そこが一番のハードルになっていそうです。


間をあけないって結構高いハードルかも。取り敢えず返す言葉を覚えておくといいのでしょうね。


上の間をあけるな、を引き継いで、まずは必須の単語を、ということです。誰だったか、英語は北アメリカとブリテン島以外に住む人間にとっての共通語、といった人がいましたが、ネィティブを無視すればこんなものでしょうね。まずは必須の単語だけ覚えておけばなんとかあるということでしょう。


発想の差ですか。これは今ひとつ判りにくいですね。たしかに英文書いていたときは翻訳ではなく最初から英文ベースで考える方が楽でしたが、とっさの反応として英語が出てくるのは難しそうな気がします。


Daydreaming Englishですか、これは面白い。なるほどこれなら(実際には話すわけではありませんが)英語脳的には話すのと同じ効果があるわけですね。ただ、コメントに出ていましたが、これを実践して声を出たり口を動すと周りから危ない人に見えてしまうという欠点があるようです。


これもいい指針ですね。他で応用が効き、滅多に使えないもののために余分な労力を費やす必要は無い、ということですね。こういつ効率の良さ、っていう点、今までの英語教育に欠けていた視点のように思えます。


私が以前に読んで英語ドキュメント作成のガイドにしていたところでも、I、You、We主語の勧めがありまして、そのおかげで結構それっぽい英文ドキュメント作成できました。どうせ日本語ではこういうのが主語になることは滅多にないので、I,You,Weを主語にして考えててみるだけでも結構いい訓練(英語脳)になるでしょう。


今回は今までと方向性の違う話になっています。いままでは割合表現サイドの手法だったのですが今回は内容側に移っています。少々違和感を感じたのですがコメントで「why,because乱用」説を読んで、なるほど、これが(US限定ですかね)英語での表現スタイルなんだなと理解しました。そういえば、文章なんかでも後から後から説明、解説を追加していくようなスタイルが多いですね。


なるほどね、ひらめき英語法第二弾というわけで、こうやって語彙を増やそうということですか。確かに辞書なんぞいくら熟読しても覚えるものではありませんが、思いついたことの英語はなんだろうなら記憶に残りそうです。では手元のスマートフォンに和英辞書入れるところからスタートです。


英米流婉曲表現入門ですか。一気に難しくなった感じです。とはいっても覚える言葉は「very good」と「good」だけですか。おまけで「not bad」が出てきていますが、へー、「very good」>「not bad」>「good」なんですか。いい勉強になりました。


やっと最新記事に追いつきました。万能動詞"GET"の回です。ちなみに、主語は前に出てきたように'I'、動詞は'get'、形容詞は上の'good'だそうで。Getの2大用法が、(1) くっつくgetと、(2)~するようになるget(have got形で)だそうで。Get見かけたらどちらの系列か考えてみることにしましょう。


誰でしたっけ、ふっかけなんぞは暇を持て余している人間が楽しみのためにやることであって、事業家のやることじゃないと言い切っていたのは。


内容的には努力しないで、というタイトルはどうかと思います。発音練習に時間を掛けてもしょうがない、といった内容でした。多分に相手によって通じる通じないがありそうですし、現場に出ないと発音に関しては練習にならないようです。まあ、それ以前にやることは一杯ある、といったところでしょう。


なるほど、発音のルールは多数(43種類とか)ありますが、アクセントのルールは一つで済む(のですか?)ので簡単な方で行きましょう、ということのようですね。実際のアクセントのルールが書かれているのですが、一つ?そもそも何処にアクセントが来るかのルールが分かりませんがね。アクセントでそれっぽくする方は確かに単純なルール、アクセント一を強く、それ以外は弱く(少々曖昧に)だそうで。なるほど、それっぽくなりますね。


英語の出来る人より仕事の出来る人が求められている、という当然の話なのですが、その後のところが意外、英語に現場に相当する単語が無いと。言われて見るとぴったり来る単語無いですね。現場が日本企業の強みといわれて凄く納得してしまいました。


これは「文化が違う」ということでしょう。しかもアメリカビジネスマン限定じゃないですかね。英米ものの翻訳なんかを読んでいるとベースになる文化の違いを感じることが多々あります。良くあるのが聖書ネタ。これは英米共通ですが、日本にはなじみのないものですね。イギリス限定ではギリシャローマ古典ネタ、こちらはアメリカものではあまり出てきません。いわゆる教養の差でしょう。日本でも古典ネタあたりはそれなりの人を相手にするなら常識でしょうし、古典落語ネタなんかも使われますよね。このあたりになると、相手の理解のためには必要なことであっても、語学の範疇を越えているのではないですかね。


そういえばネットが出来てごく初期に流通したのが Hackers Dictionary (Jargon File)だったりしましたものね。ジョークネタは人類の文化遺産扱いですよ。コンピュータ業界的には Jargon Fileと、あとはスタートレック、スターウォーズ、ヒッチハイカーズガイド、あたりがよく使われるネタ元です。考えて見ると、こういう分野限定ジョークっていうのは、互いの立場というか文化の背景を確認し合う儀式みたいなものかも知れません。

2011-03-18 真心を伝える

どの小説だったか(あ、思い出しました、地球連邦の興亡です)相手の優れている点を見つけてそこに敬意を払いなさい、というのがありました。敬意を持って接すれば相手もあなたに敬意を持ってくれると。今回はこれに尽きますね。


今回も「文化が違う!」話でした。にこにこのシチュエーションの差となると確かに解りにくいですね。そういえば高校の時のカナダ人の先生達も、普通に話すときは(生徒を叱る時以外ね)にこにこしながらしゃべっていましたね(日本語でですが)。今回は実に興味深い話でした。


相変わらず今までの勉強法をなぎ倒していますね「英語が嫌いになってしまいそうな練習は一切する必要はありません。」だそうですよ。でその代わりが、「聞き取れるフリをする」、背伸びしていればそのうちに理解できるようになるとのことですが、その肝が「ピンチ会話術」、どういう手法でしょう。基本相手にしゃべらせるのですが、相手が確認を求めてきたところで、

その1 I do not think I can answer your question directly, but

これを使って微妙に会話をずらしてしまうと。確かに理解出来ない話に突入したらそのまま続けても意味無いですからね。これで話の流れが変わればまた話に乗れるようになりますものね。

その2 What do you mean?

判らないことがあったらこれで確認ですと。なるほどね、相手としては今言ったセリフを他の言い回しで説明し直すことになると。これは上手い逃げ方ですね。

こういうTIPS系の話は解りやすくて嬉しいですね。


「How many oranges do you eat everyday?」、まあ確かに普通の人が使う文じゃないですね。ですが、ここからJOJOネタ「おまえはいままでに食べたry」を英語でなんていうのか考えた私はアホかも。さてと今回の題材はコミュニケーション語と読んでいますが、まあ、口頭でのやりとりで良く使われる合いの手に近い文ですね。そういえばとっさの一言とか100均の英会話文例、なんかに結構出ていますね。


細切れの時間で辞書を読破、というのは面白いですね。個人的にはこういう細切れ時間は基本、小説読み(たいてい文庫一冊は持ち歩いています)にしていました。筆者の林氏とが違って10秒も掛からず切り替えが効くものでエレベータ町でも数ページは読めますのでね。でもこれだと本当に時間つぶしにしかなっていないのが残念なところです。どうせなら辞書の方が良さそうですね。古本屋で安い辞書探して来てバラしてみますか。

実は、こういう細切れ時間の活用にスマホ使えないかと思ったのですが、手元のスマホ、反応があまりに遅くて。WEBページひとつ開くのに細切れ時間がまるまる掛かってしまうし、細切れ時間が出来やすい場所だと通信ができないという困った場所が多いのですよね。スマホの辞書、も悪くは無いのでしょうが電子辞書って基本的にムダ読みできないようになっている(あくまで目的のために引くようになっている)のでこういう時間つぶしに向いていないのですよね。逆にいうと、細切れ時間に拾い読みできるような語学の勉強帳みたいのがスマホ向けにあるとすごく便利そうな気がします。


これは約二立つ実践TIPSですね。話が解りにくくなったらYES/NOで答えられる質問を投げてというのは便利ですね。この応用で電話に対して詳しくはメイルで、というのも現代風ですな。昔この手段が使えればどれだけ楽だったことか。今回覚えたい文例、「tentative yes.」、これも玉虫色で便利な言い回しですね。

中級編もタメになります。確かに is/is't can/can't 聞き取れませんな。逆にしゃべるときは省略形を使わず NOT を明確に、大切なポイントでしょう。


ネイティブから見れば英検1級2級に大差はない、ですか。蓋し名言ですな。下手に目指しても労多くして益は少ないと。次回からは金銀の世界を覗いて見るそうで、これもまた楽しみです。


リーディングで単語力アップ。私も最近はあまり読まなくなりましたが、かつてネットニュースを片っ端から呼んでいた時期がありまして(仕事でも英文マニュアルばかり)、コンピュータ系の記事ならほぼ辞書なしで読めるようになりました。が、時事記事になるとまだまだですね。あ、コーネリアス・ライアンの3部作とトム・クランシー原書で読んだおかげで軍事用語ならいけますな。それでもたっぷり読んだおかげか、英語のプレゼンなら(まあ、キーワードが書かれているので)だいたい理解できる程度にはなりました。まあ、話す機会が皆無なんですけどね。


銀メダルレベルの英語を使える人間はいくらでもいるが、そのなかで日本語も使える人間はごく僅か、というのはいいポイントですね。そして銀メダルレベルの維持。たしかに使わないとすぐにレベルが落ちてきますからね。筆者のオススメは起きている時間の1~2割、実際に英語を常用する環境にいないときつい時間の負担ですな。


使っていないと落ちやすいヒヤリング力維持のための手法の案内。まあ、入門レベルでこれをやると泣くよ、で始まったこの連載ですが、銀メダルレベルまで来ると、ヒヤリングのトレーニングも必要に、ということでしょう。でオススメは大ヒットしたシットコムのDVDですと。とにかく面白くなければ飽きますからね。イギリス英語ならモンティ・パイソン?アメリカ英語だと何がいいんでしょうね。個人的な趣味だとThe Beverly Hillbillies好きなんですが、訛りますかね。

2011-06-03 英語以外の力をフル活用する (最終回)

今回はなんともハートフルはお話でした。英語「だけ」の勝負じゃネイティブには勝てませんからね。+αがあればそれを使って、ということでしょう。昔フリーソフト移植したとき、どうしても必要な人はこちらの拙い英語ものともせずに問答繰り返しました。提供できるものがあればなによりの強みになるのはこの時に実感したものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿