ページ

2011年2月2日水曜日

拾い読み:WebプログラマのためのIPv6入門


WEBプログラマのためと銘打つのであれば、現状ほぼすべてのWEBサーバが既にIPv6対応しているのですから、サーバレベルでの対処は基本不要でしょう。むしろ後半に記載されていたログ等の解析スクリプトの問題や、サーバ増設時にIPアドレスの(追加)割付を受けられない点に注目して欲しいところです。後は差し当たって運用上の問題になるのはDNS関連ですかね。サーチ順序によってはDNS関連で通信トラブルが多発することが懸念されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿