ページ

2011年2月18日金曜日

TruestedInstallerのCPU専有問題への対処


みんなの迷惑、TrustedInstallerのCPU専有問題への対処。基本は自動実行を止めましょうなのですが、チェックし忘れるとそれはそれで怖いので、そちらの解は無し。残りの解として紹介されていた更新履歴削除を試してみます。これで負荷が軽くなればいいのですが。次回TruestedInstaller起動時にどうなったかを見てから追記します。

MS、開発者にはその時点での最強マシンを与えているとの話ですが、皆がそういうマシンを使っているのではないことをいいかげん覚えて欲しいものです。Windowsは負荷が重くなるとすぐに動作が不安定になりますからね。

さて、更新履歴を削除してから何度かTrustedInstaller動いているようですが、以前のようにCPU占拠したまま、は無くなっているようです(高負荷で動くのですがわりあい直ぐに終わっているようです)。これは結構効果があるようです。こまめに更新履歴を削除しないといけませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿